Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://shifune.blog102.fc2.com/tb.php/322-d9d4cc70
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

黎明録 二周目

平助ルート終了です。
落ち着いて臨んだら、ちゃぁんと平ちゃんルートに進めたよw
前回どんだけ慌ててたんだ私。。。


幸福でした。
とてもとても、幸せでした。。。
彼と過ごす時間が、そのどれもがとても大切なものでした。
新八っつぁん達の馬鹿騒ぎに加われた(巻き込まれた)ことも、
平助の口から昔の話を聞かせてもらえたことも、
彼が、ほんとうに真剣に俺のことを考えて、ぶつかってくれたことも。

そしてなにより一番嬉しかったのは、
剣を握って、彼の隣に立てたこと。
もちろん俺の剣なんて、大した役に立ちはしない。
でも、平助は隣に立たせてくれた。
それが、本当に、ほんとうに嬉しくて。。。
震えるほど、嬉しくて。
「俺、男に生まれてよかった!」って思わず心のなかで叫んだくらい
(いや違うんだけどさw)ほんとうに、嬉しかった。

本編をやっていて、私、すごく悔しかったんです。
道場に通っていたというのに、剣を振るうことができないことが。
剣を抜くことすらせず、ただ、彼らの後ろに守られていることが。
だから、本編で一番好きなシーンを挙げるとしたら、
実は沖田5章の冒頭が真っ先に浮かぶのですw
あれが唯一、剣を持って共に戦うことを、許された時だったから。。。

閑話休題。
辛いこと苦しいこともあったけど、平助って奴が前よりもっと好きになったから、
お別れの時は本当に悲しくて、辛くて、ずっと泣いてました。

それでもこの先のことを考えて気持ちを切り替えてw
桑島さんには申し訳ないけど千鶴の音声は消させていただいてw
最後は気持ち的には千鶴の立場で物語を見送りました。
龍之介、いいやつだな!
でもこの方法。。。土方ルートじゃ無理だったかも。
このゲーム、最後の気持ちの持ってき方が難しいですね。。。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://shifune.blog102.fc2.com/tb.php/322-d9d4cc70
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

すゆら

Author:すゆら
東京都に生息中

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。